ブログ

しおんのプロフィール

自己紹介

ニックネーム:
しおん
血液型:
AB型
出身校:
Rits
職業:
布・シルバー・木工 の職人
出没場所:
布屋さん
ホームページURL:
http://cogito-ergosm.blog.so-net.ne.jp/
このブログに書いていること:
甥っ子 姪っ子 べびたんと ほっこり空間… 日々のこといろいろ

好きなモノ

趣味は?
いろいろなものをつくること
好きな食べ物は?
そば  きのこ  いちご  レモンのお菓子 (*^∇^*)
好きな音楽は?
古典 民族 外国の 日本の いい曲だな~っておもうものぜんぶ
好きな映画は?
いろいろ。外国のも、最近は、日本のも。北野たけし監督がとても気になるようになった。
好きな場所は?
海と月が見える場所
好きなアーティストは?
ティム・バートン(監督?) ロックウェル ワイエス
大好きなものは?
家族 赤ちゃんの微笑み  (///▽///)
だいすきな人: 水木しげるさん。水木さんっておもしろいんです。
          自分のことを水木さんって呼ぶのもすき。
          きりたにさんは 水木さんのマネをして 自分のHNを さん付けで呼んでいますヽ(´▽`)ノ


きらいなもの: ひとのわるぐちいう人間。嫉妬する人間。不幸がうつる!!近寄らないで!!
          追加...
          自分の足で自立できない人間。
          他人のマーケティング戦略をなぞって何とかしようとする人間。
          深く思考しない人間。



きりたにさんとは …


大学卒業後。
大企業を2社 記念受験。

・凸版印刷
・東海テレビ

書類審査と1次面接だけ 2次面接までたどり着いたことは1度もない。
2社を受けて考えた。
不毛だと。
早々に就職活動をやめた。
フロムエーを購入。
在学中に実家に戻り、1月から パシフィックコンサルタンツ にアルバイトのCADアシスタントとして採用。
即採用されてとても嬉しかった。。。
同時にもう1社、家庭教師のあやしい会社にもアルバイトとして採用が決まっていた。
正社員はダメでもアルバイトならいけるのかと、閉口した。
使い捨て社会 だと、その瞬間から社会に懐疑的になっていた。

大学は京都にあって、卒論審査や卒業式などで何度も会社を休み休み。。。
文学部地理学科は卒業面接があり、どきどきした。。。
卒業するだけの成績があっても、論文が通らないと卒業できないのだ。
心配をよそにC判定で 立命館 を卒業した。
編入しただけなので たった2年間のことだった。
教授が言ったひとことは じーん ときた。

「みんなが普通列車や鈍行列車に乗って学んできたところを、
きりたにくんは 新幹線や特急列車に乗って取り組んできた。
そういう条件を加味したら、よくやってたと思います」

そう。。。あのいいかげんな論文にC判定。
もしも4年間在学してのクオリティだったら、卒業は半年後になっていたに違いない。
『メンタルマップ』を題材に論文を書いたけれど、ついでにアンケート時に 親水地理学のカテゴリーも
調査してあった。なぜか。。。
論文完成間近、どうしてもページ数が足らない。
「そうだ!アンケートで一応 とった 親水カテも入れてしまえ。。。」
ごった煮のヘンな論文を書いた。
卒業面接時、副監督の別の、やさしそうな教授が言った。
「ただひとつ、とても不可思議で、疑問なことがあるのです。コレ。。。メンタルマップの論文ですよね?
どうして 親水地理 が入っているのですか?」

ああああああ。。。
もう、ダメかと思った。
でも、担当教授が「ああ、論文作成時からメンタルマップと親水地理、両方を進めていましたからね。。。」と
やんわり、助けてくれた。
絶対にありえない論文なのに、助けてくれた。

忘れないようにしようと思う。
こうして、書き記して。。。
片平先生、ありがとう。。。



パシフィックコンサルタンツ を 半年でやめた。
理由は、悪い上司に変わったことで、やりがいを感じなくなり、
ただの使い捨てゴマだということを 感じる毎日になったから。
同時期に入った 社会経験のある同い年の女の子の時給とネット環境の違いに幻滅。
大学出たって、こんなものかと落ち込んだ。
時給は200円違い、きりたにさんの端末は「遊んじゃったらいけないから」という理由(らしい)から
ネットが繋がっていなかった。
まあ、新卒だし、間違ってない。。。
遊んだと思う。ヒマがおおい部署だった。
島田部長はとても賢くて、すきだった。
島田さんの判断だから 笑っていられた。
このひとになら使われてもいい、と思っていた。

上司がかわり、人間のクズ・太田になった。
評判最低の太田。
ほんとうに最低だった。
使われたくなかったから 3時、会社が終わるのを待たず、「今、辞めます」とメールを送り、
辞めた。

清々しかった。


そのあと、あんなに簡単だったバイト合格が
なかなかかなわない。
「半年」の履歴書は「すぐに辞めてしまう」という意味であることを
あとで気づく。



つづく。



近所の耳鼻咽喉科で週3回 パートを副業にしながら
アートクレイシルバーの資格を取るために先生のところにゆるりゆるりと通い、
課題は残すところ1つなりました。
提出課題が3つあるので、それを思うとまだまだ先は長い気もしますが、
あとすこしです。
ふだんは 布雑貨(主にマリン調の雑貨)をヤフーオークションやオーダーで製作、販売しているひと。
世ではそれを布作家と呼ぶそうだが、きりたにさんは、気恥ずかしくてそんなふうに名乗れないです(///▽///)
ここのところ竹野内豊さんが気になって気になって … 。
いままでいちばん、だいすきになりました(//////) 2011年7月現在



書き換えないといけないプロフィール・追記

7月いっぱいで仕事をクビになったの。
先生は「きりたにさんは医療には向いてない」って言っていた。
そうかもしれない。
いつも、憂鬱だった。
はやく辞めたいと思ってたから … やるきないのように見えていたのかな … 。
最低でも毎日1つの作品を作る!を目標に、オークションとオーダーで自立していきます。
たまには社会経験もしたいので、手芸品のお店でバイトがしたいです(///▽///)

作ってるひと・きりたにしおん   2011年8月



アートクレイシルバーの提出課題を制作中です。
あと1つと半分で出来るけど、なかなかうまく進みません。
今年(2012年)中に先生のところに行きたい。

2012月5月からすこしずつですが本業を軌道に … 。
データを分析しながら、恐る恐る進めています。
きりたににしかできないことを追及しながら、
毎日5分間メモをしながら、+5minuets+を運営中です。
お客さまのお陰で、こうして作業ができることを毎日感謝しながら生きています。

どなたかに、シルバーの資格を取ってどうするの?と聞かれました。
どうしよう … 。
特に目的はないんです。
自動車免許と秘書士と文学学士しか持っていないから、何かほかに役立ちそうなものを
取れないかなあ … と思っただけなんです。

いつか、役に立つといいなあ … 。








+web shop+

+スタジオおっく+.gif← click

マリン好きにはたまらない、ボーダーニットやイカリマークの手作りの布雑貨♡
すぺーす




+ヤフーオークション+

Myオークション.gif← click




+めも・きりたにさんのルーツ+

きりたにさんの父。

父の本籍は岐阜の黒川だったけど、役所の手続きが面倒なのでと
10年くらい前に父が現在の場所に移籍させた。
話を聞いてなかったら、自分のルーツを見失うところだった。
こういう大切なことは、ちゃんと話をしてほしいものだ。

お葬式のときに来てもらった神主さんの話だと、
ご先祖さまは岐阜の山奥に落ちのびたお公家さま。
考古学学者で形質人類学の研究をしている
伯従父によると塚(公家だったころに作られたお墓)があるという話。

以上が、父の父方のはなし。

父の母方は、飛弾長四郎の流れを汲む … つまり、岐阜の出のはずなんだが、
なぜだか大阪の千里の生まれで、とてもお金持ちのお嬢様でした。
父も大阪の生まれだが、育ちは静岡・東京育ち。

大阪万博時、国土整理をされたとき、おばあちゃまはでっかい池が自分の家の土地だと知る。
池なんてあっても仕方ないと、売っぱらってしまったが、
今では千里はニュータウン。
あのまま保有していて後々バブル絶頂時に手放していたらうちは大金持ちでした(笑)

きりたにさんの母は、
岡崎の出の父と名古屋の栄の母から生まれたひとで、
祖父母はともに学校の先生・校長先生でした。
濃尾平野が育んだ、堅実なにんげんです。
親族のほとんどが、医者や工学博士などの理系の学者という、なんだかすごい家柄ですが、
すてきだと思うのは、それを傘に着ないところです。

残念なことは、
まったくもって、そういったすばらしいであろう遺伝子を引き継がなかったことです。


ざんねんです。


地租改正のときにだまされて、両親族はみんなたくさんの土地・山・畑を、
詐欺師に奪われました。
あるものは先物の「小豆」で騙されて、全財産を失いました。

けっこう先祖だけじゃなく、
当時のひとたちは、けっこう、騙されたみたいです。
お人よしだったみたいです。




できれば、すべての土地を返却願いたいものです。






過去住んでいた場所
名古屋 , 松本 , 京都

いますんでるところ、
あいちけん